家族3人慎ましい生活

友人・恋人

うちはひとり親家庭で、私1人の稼ぎで子供1人と自分と自分の母親を見ていた時はかなり経済的にキツかったです。

子供が小さかったのでフルタイムで働くことはできませんでした。

 

朝から夕方までの限られた時間でしたし、子供の体調が悪い時などは一ヵ月に何日も休んだりすることも多かったので、アルバイトとあまり変わらないくらいのお給料しか出ずに大変でした。

 

あとはひとり親家庭対象の手当などが出るだけで、慰謝料などは受け取っていたかったですし、養育費は払ってもらう約束をしてありましたが、離婚してすぐはよかったものの、しばらくすると全く振り込まれなくなりました。

 

手当もしばらくすると一つずつ期限が切れていって児童手当の一つしか残りませんでした。

 

仕事を掛け持ちすることは難しいですし、時間を伸ばすわけにもいかなかったのでかなり経済的に厳しかったです。

 

途中で子供の学費の免除ができることを、同じひとり親家庭の知り合いから教えてもらい、申請してみると通ったので、給食費などいくつかの項目の支払いが免除して貰えるようになりました。

 

どうしても子供のための服とか靴や鉛筆、ノートなどの学用品は可愛い物を買ってやりたいし、不自由な思いはさせたくないから優先になるります。

 

母親も今まで頑張って育ててもらったわけなので良い思いをしてもらいたいので、2人のものは買いたいので、その代わりに私のものは基本的に仕事でいるものは別として趣味のものなどはあまり買えませんでした。

結婚後、貧しくなりました
結婚は嬉しい事ですが、計画的に進めないとお金がいくらあっても足りません。 私の場合は、38歳の時結婚して引越しした為、会社を辞めました。 ある程度満足できる収入で安定した正社員でしたが、転居地からは通勤に50分かかり渋滞も多...
貢ぎすぎて金欠、若気の至りでした
訪問販売を仕事にしていた彼氏がいた時、売り上げノルマを助けるために身を切っていたことがあります。 同世代と比べても収入は多い方だったのに増えすぎたローンの支払いのおかげで驚くほどの貧乏生活に。 一人暮らしだったので家賃や光熱費、...
タイトルとURLをコピーしました