シェアする

結婚後、貧しくなりました

シェアする

スポンサーリンク

結婚は嬉しい事ですが、計画的に進めないとお金がいくらあっても足りません。

私の場合は、38歳の時結婚して引越しした為、会社を辞めました。

ある程度満足できる収入で安定した正社員でしたが、転居地からは通勤に50分かかり渋滞も多いので仕方なく辞めました。

結婚式に向け、ブライダルエステを始めました。

3回くらいで値段も安いコースにしました。

その後、そこのエステでも使われている割高な化粧品やサプリメントなどを6ヶ月くらい購入しました。

そこは、自宅件お店でお客さんが友人のように15時になるとお茶したり談話したり、女子会のような雰囲気で色んな美容の話などする楽しい空間でした。

エステが安くついたのがうれしくしばらくそこに通い化粧品等を購入していました。

支払いは一括でもリボのような形も取れ、3万円で20%割引で翌月返金してもらえるシステムでした。

そうすると、何だかんだで毎月通うことになり行ったからには買わないと帰りづらい感じでした。

でも当時は友人も少なく通うのが楽しかった為、かなり購入してくれるお客の1人になってしまいました。

そして、結婚式と新婚旅行です。

どちらもお金がかかるイメージでなるべく節約して決めた為、想定内の金額で決めることが出来ました。

問題だったのが妊活です。

旅行から帰ってきてさあ妊活と思った時には既に39歳になっていました。

運悪く私は、すぐに子供を授かれず、妊活しながら働いていました。

しかし、体外受精に進む段階で月に2〜3回休む必要があり、それはなかなか難しかった為、再就職した会社を辞めました。

それから半年、失業保険を貰いながら通院し、無事赤ちゃんを授かった時には200万くらい病院に支払っていました。

私の住んでいる地域では、市から助成金が出たので体外受精以外も含めると合計50万くらいは助けて頂きましたが、普通に授かった方に比べるとかなりの出費です。

今は、高齢のため赤ちゃんになにかあると不安なので働いていません。

貯金も底をつきそうなので、主人の扶養に入りお世話になることにしました。

結果、私が貧乏になってしまった原因は2つで化粧品と高齢での妊活でした。

結婚するとハイになり気をつけていてもお金を使ってしまいます。

エステが安くついたことで気を良くして、結局沢山のお金を使ってしまいました。

妊活についても、もし早く結婚していたら若いので早く授かれたかもしれません。

当たり前ですが高齢になると妊娠率は下がります。

そして、補助金も年齢制限があるのでもっと若かったら県からも補助金を貰えていました。

やはり、何事も早く事を進める事が大事ですね。

今は、節約生活で辛いですがどうしたらお得かなど日々考えています。

妊活についてもずっと勉強したので、かなり色んな情報を知りました。

健康についてや食べ物、病気についてなど色々です。

無駄な経験はないと思うので、良い勉強をさせてもらっていると前向きに考えて明日からも頑張ろうと思います。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする