お金は天下のまわりもの?

生活

あれはわすれもしない20代前半の頃のお話です。

当時、私は勤めていた会社を一身上の都合で退職した後、アルバイトに出たもののその会社も母が事故にあい面倒を見る事になり退職しました。

 

母の面倒を見る事半年。

母もだいぶ回復したころ、友人の結婚式が2件続きました。

 

1件は割と近場だったのですが、もう1件は地方。

交通費も結構かかりました。

 

しかし急な結婚だったため、交通費はもらえず。

これだけでも出費は相当なものでした。

 

そして結婚式の後、友人からの借金申し込み。

さすがにこちらは断りました。

 

そして年月はすぎ、私も結婚をしました。

数年は良かったのですが、相方は学歴も低く転職癖のある人で、転職するたびに収入は下がっていきました。

 

数社転職をした後、今の会社に落ち着いたわけですが、最初の頃は賞与も出ていてよかったです。

しかし年月が経つとともに会社の業績も悪くなり、賞与は無くなりました。

 

ただでさえも月収が低いのにです。

それにも関わらず相方は遊び癖があり、ギャンブルで借金を作りました。

 

少額でしたが。

当時の私は体調がすぐれなく無職でしたから、ストレスがたまり放題で悩みました。

そこで見かねた両親が介入してきて、家計の見直しを図ることになりました。

 

当時所有していた車も維持できなく手放しました。

とりあえずこれは解決となりました。

 

それから数年、今度は私が事故にあい入院生活を送る事になりました。

 

入院期間は3か月。

 

入院費って、馬鹿にならないんですよね。

保険に入っていたのでだいぶ助かりましたけど。

 

私のこれまでの人生、お金で振り回されている気がします。

出ていく一方のお金。

 

お金は天下の回りものとか言いますが、果たして回っているのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました