ストレス解消に趣味でバッティングセンター

スポーツ・運動
この記事は約4分で読めます。

バッティングセンターは初心者でも楽しい

バッティングセンターは言わずと知れた、野球の打撃を疑似的に楽しむものであります。

元プロ野球選手のイチロー選手が子供の頃に練習に連日通っていたというのは有名な話ですが、バッティングセンターはそういったトッププロや野球を真剣にしている人たちのものだけではありません。

ほとのどの来客者は経験者は確かにいると思いますが、ただの遊びの一つとして楽しく、そしてストレスを発散する為に訪れている方が多いです。

バッティングセンター ルール

バッティングセンターのルールというほどのものはなく、社会人として常識的なものがあればほぼほぼ全て問題はありません。

バッティングセンターは以前は街のいたるところで見られましたが、最近は数少なくなり愛好家が一部に集まることもある時間帯などあるかもしれませんが、特に気にすることはありません。

  • 順番を守る
  • 独占しない
  • ゴミやつばなど吐かない

などがあげられますが、バッティングセンター特有の物ではなくごくごく常識なことです。

バッティングセンター 初心者の球速は何キロくらいがいいの?

これは男性女性や野球経験者や他のスポーツ経験者やある程度の運動神経の持ち主などいろいろな条件によって変わってきますが、運動もしていない男性ということでいえば100キロくらいが目安になるのではないでしょうか?

もちろん試す前に前の人がやっているところをみてスピードを確認してからするのがいいとは思いますが、誰もやっている人がいない場合は100キロを基準にしてみてはいかがでしょうか。

バッティングセンター 女子は何キロくらいがいいの?

これもほとんどやったことない女性ということでいえば、そのバッティングセンターで一番ゆるいスピードでいいと思います。

そのバッティングセンターによるとは思いますが、だいたい80キロくらいが一番遅いのではないでしょうか?それよりおそい60キロとかもあればまずはそれから試してみればいいと思います。

また女性や初心者はバットを短く持ってコンパクトに構えてまずはボールにあてることからやれば、とりあえず楽しめると思います。

バッティングセンター 初心者はひとりでも大丈夫?

もちろん大丈夫です!バッティングセンターは一人で来る人は少ないかもしれませんが全く問題ありません。

一人で来ている人は経験者や現役の人が練習に来ているというイメージがあるようですが、そんなことばかりではありません。

会社でのストレスや生活での人間関係のうっ憤を晴らすために一人で頑張っている方も多く、確かにバッティングセンターでボールを打っているとストレスを少しは発散できることも事実でストレス発散の一つの方法でもあります。

もちろんみんなでワイワイしながら楽しむのも一つの方法ですが一人でひたすら楽しむことができるのもバッティングセンターの楽しみ方です。

バッティング センター 女子のヒールは?靴は?服装は?スカート?

最初からバッティングセンターに来るとわかっているのであれば、ヒールは当然望ましくありません。靴は極力低く出来ればスニーカーなどの運動系が望ましいでしょう。

スカートに関しては女性の場合はバッティングセンターでガンガンボールを打って本格的にする人は少ないでしょう。なのでスカートに関しては長すぎず短すぎないものならばいいのではないでしょうか?膝下くらいの長さの人はたまに見ますし問題ないでしょう。

しかし靴はヒールのあるものはぐねって捻挫などの可能性もありますので、軽くするとわかっていても極力さけるほうがいいでしょう。

バッティングセンターでデート

バッティングセンターでのデートは楽しいものです。

しかし残念ながら男は悲しい生き物で女性にいいところを見せたく、しかも女性より優位の立ちたいものです。

男性の運動神経がいまいちな場合は女性は軽く楽しむ程度にしてあげたほうがいいのかもしれません。

まあバッティングセンターデートに行こうというカップルはおそらくそこそこ出来ると思いますので問題ないと思いますが、不意に行くことになった場合は注意が必要かもしれません。

また服装関してはやはり一応運動ということもありますのでカジュアルな服装のほうがよりいいでしょう。