夢に見た転職のはずが…

仕事

それなりの大学に通っていたため、就職も難なくできるものかと思っていたら大間違い。

なんの取り柄もなく資格もないわたしにとっては就職の壁は大きくそびえ立ち何社受けたところで全く受かりませんでした。

 

次第に自分自身の価値が全くなくなってくるような、世の中から必要とされないのかなあというような思いに駆られてしまい、就職活動を辞めてしまいました。

 

その後、大学卒業後はパートとして一般企業の事務職として働いてはいたのですが周りの友人が新卒正社員としてバリバリ働いているのを見ていると劣等感しかありませんでした。

社会人とアルバイトの格差の苦しさ
大学を出た後、正社員として就職せず、やりたい仕事をしようとアルバイトとして働きました。 アルバイトとして正社員と同じくらい働いても、1ヶ月14万円程度です。 最初の頃は、14万円あれば生活もできるし、問題ないと思っていましたが、...

ある日、チャンスが訪れ中小企業に転職し契約社員として働く機会が訪れました。

やっと人並みの生活ができるところ期待して胸踊る気分だったのですが実際に蓋を開けてみると現実はわたしの思っていたものとは全く違うものでした。

 

社会人として責任を持って働く点では満足できるものだったのですが、肝心なお給料は対して変わらず仕事量が増えるだけでした。

 

まわりの正社員の方々がランチを食べにいっている傍で私は自作のお弁当を食べる程度。

 

もちろん飲み会に参加できるほどの余裕もなく、次第に周りから浮いてしまうようになりました。

 

そんなことならパートでのびのびと身の丈にあった生活をしていた方が余程幸せだったのではないかと思いました。

アパート暮らしで職を失う
大学を卒業して自分の稼ぎで一人暮らしを始めたものの、仕事に慣れず、半年で辞めることになってしまった、まだまだ世間知らずな20代前半のころ。 地方の1Kのアパート暮らしでしたが、初任給は、労働時間で割ると最低賃金レベルのものでした。 ...
タイトルとURLをコピーしました