シェアする

貢ぎすぎて金欠、若気の至りでした

シェアする

貢ぎすぎて金欠、若気の至りでした
スポンサーリンク

訪問販売を仕事にしていた彼氏がいた時、売り上げノルマを助けるために身を切っていたことがあります。

同世代と比べても収入は多い方だったのに増えすぎたローンの支払いのおかげで驚くほどの貧乏生活に。

一人暮らしだったので家賃や光熱費、ローン返済を優先して払うと手元に残るお金はほとんどない状態でした。

幸い実家が農家だったため米だけは送ってもらえていて、食費の予算がなくてもなんとか食いつなげましたが、それでも口にできるのはご飯のみ。

食べ物が貧相になると生活にもハリが無くなり、物欲は無くなるし頭の中は四六時中お金の計算ばかりしてしまって本当につまらない日々だったなと思います。

いつもお金がなく将来性も皆無な奴と一緒にいても実りは何もないと気が付き目が覚めてからは、副業もはじめ、とにかく働いてローンを完済。

時間はかかりましたが普通の生活を取り戻しました。

お金が無い、稼ぐ能力を持たない人とは二度と付き合いたくありません。

総額でかなりの額を支払うこととなりましたが、投資に失敗したのだと思えば仕方ない。

若い頃に自らの甘さと失敗で貧乏を経験することができたおかげで今の堅実な生活があるので、マイナスばかりでは無かったのだと信じたいです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする