シェアする

暇なときにしている~リズムゲーム~

シェアする

ゲームセンター
スポンサーリンク

暇になったら近くのゲームセンターでリズムゲーム(ここでは音ゲーと呼ばせていただきます)をしています。

一般的にゲームセンターにある音ゲーをAC(アーケード)と言います。

音ゲーの楽しさは自分の好きな曲でプレイするのもいいですが、その音ゲーのオリジナルの曲がすごくいい曲ばっかりで、ノリノリに音ゲーができ、クリア失敗しても嫌な気持ちになりません。

試しにyoutubeなりニコニコ動画なりで音ゲーBGMと調べてみてください。

自分の好きな曲が見つかるかもしれませんよ。
それで音ゲーの種類はだいたい4パターンあります。

一つ目はばちを使うタイプの音ゲーです。

主に太鼓の達人やギタドラが該当します。

このタイプの特徴はばちを作り、持参できるので、ばち作りのほうも楽しむことができます。

二つ目はボタンタイプの音ゲーです。

主にサウンドボルテックスやポップンミュージックが該当します。

このタイプの特徴はボタンをたたくのでたたいた感触があり、リズムに乗りやすいです。

三つ目はタッチパネルを使ったタイプの音ゲーです。

主にチュウニズムやシンクロニカが該当します。

このタイプの特徴は擦ったりしてとることができるタイプがあるので様々なやり方があるのが特徴です。

四つ目は自分の体を使った音ゲーです。

主にDDRやダンエボが該当します。

このゲームの特徴は自分の体(体全体や足)を使いプレイするので運動感覚でできることが特徴です。

自分が楽しめるように様々な音ゲーをやり、自分に合ったタイプの音ゲーができるといいですね
準備は基本いりませんが、軍手(手袋)などあるとボタン系の音ゲーやタッチパネル系の音ゲーが楽にできます。

あとはアイミーやネシカといったICカードが必要になります。

このICカードは自分のデータを記録するものなので購入するといいと思います。

値段は300円程度なのですが、大抵の音ゲーには初回無料プレイがあるのでこれで自分にあった音ゲーを探すことができると思います。

こういったICカードは基本ゲームセンターにあるので心配しなくても大丈夫です
後はハマりすぎてお金の消費が激しいとお金がすぐになくなっちゃうのでそこのところは注意してくださいね
ゲームセンターの音ゲーはちょっと無理という方はスマホなどのアプリでたくさんあるので是非そちらもやってみるといいと思います。