シェアする

料理は愛情ではなく作業だと思いますがそれはそれでいい

シェアする

料理
スポンサーリンク

料理は愛情とよく言われますが、傍から見れば作業で、実際作業です。

情報を元に手を動かし、食材を料理として完成させる作業になります。

作業なので、愛情とかはそれほど関係ないかもしれません。

もちろん愛情を込めるのは良いのですが、結果的に完成する料理と愛情は関係ないということです。
創作意欲という言葉がありますが、作業を細分化するとやっていることは単調作業への没頭です。

いくら素晴らしい料理や創作物であっても、作業を細分化すればやっていることは単純です。

どんなに大きな建造物でもそれは同じです。

やっていることは地味なのです。

芸術的なアートでも同じでしょう。

単調作業を楽しむ意欲がなければ創作意欲とは言えないのです。

ものつくりが好きな人もいれば嫌いな人もいますが、その差は単調作業に対する認識の差だと思います。

要するに、地味な作業を好まない人は創作意欲を持てません。

なぜなら面倒という思考が先行するからです。

たとえば、料理が好きな人もいれば嫌いな人もいます。

料理が嫌いな人の理由は、面倒だからでしょう。

やったことがないからやりたくないという食わず嫌いのケースもありますが、だいたいは作業を嫌っているからです。