暇つぶしで行っている趣味マウンテンバイク

マウンテンバイクスポーツ・運動
この記事は約6分で読めます。

マウンテンバイクとは

大自然と触れ合いたい見た目が気に入ったなどなどマウンテンバイクを選ぶ理由はそういった理由が多いと思われます。

 

マウンテンバイクとはあらゆるフィールドで走ることが楽しくなるスポーツです。

 

文字通り山を走る自転車でだからといって山を走ることだけに特化した自転車ではありません。

 

山を走るために与えられた機能的な装備は街乗りをはじめとする日常での使用でも多大なメリットを生み出します。

 

マウンテンバイクは他のスポーツ車とどういったものが違うか

 

他のスポーツ自転車といえばロードバイクなどが有名ですが、これは舗装された道路を協議を行うための自転車です。

 

レースでは走るスピードが重視されその息を上げるために車体の軽量化が最大の命題となっており上にロードバイクの場合車体の骨格を成すフレームなどが限界まで削ぎ落とした軽量なアイテムが採用されています。

 

それに対してマウンテンバイクは悪路でのタフさや快適さを優先させたスポーツ自転車です。

 

マウンテンバイクを買う時に気をつけるところ

マウンテンバイクは決して安い買い物ではありません。

少しでも安く買いたいと思うことは誰も同じですが、マウンテンバイクは定期的なメンテナンスが必要で適切な調整が行われていなければマウンテンバイク本来の性能を引き出すことが出来なく、命に関わるトラブルに見舞われる可能性もありますので注意しましょう。

 

最近ではインターネットなどでマウンテンバイクも比較的安価で買うことが可能ですが、初心者の場合はその安さだけにとらわれるのではなく、その後のメンテナンスやアドバイスなど受けられる専門のショップに行くことをお勧めします。

 

インターネットでマウンテンバイクを購入する場合のメリットデメリット

 

メリット

  • 比較的価格が安いことが多い
  • 在庫切れが少なく種類も多いことが多い

 

デメリット

  • 試乗できない
  • メンテナンスなどは自己責任となります
  • 相談することができずに知識が必要

 

マウンテンバイク専門店で購入する場合のメリットデメリット

 

インターネットで買う場合とは逆にメンテナンスや相談などができるが大きなメリットであります。

 

ただし店舗は点字が少なく場合によっては取り寄せなどなるなど蔵デメリットとなります。

 

店舗で買う場合の一番のメリットは遊べる場所へ乗り方な情報などを得ることと、一緒に走ることができる仲間やサークルなどを入れることが多ことです。

 

マウンテンバイクはどんな種類があるのか

 

クロスカントリー

 

クロスカントリーといえば連想されるのは主に競技のスタイルで上りと下りのステージが繰り出すコースで順位を争うレースです。

 

床に上りのステージはパワーと耐久力が重視され体力が自慢の人が好んで参加します。

 

チームで参加できる耐久レースのイベントも多くて初心者や入門者向けの競技としても好まれています。

 

ダウンヒル

 

ダウンヒルとは下りのステージをメインとしてスピードとテクニックを楽しむスタイルであります。

 

ライダーは一人ずつ走行してタイムを計測しより速いタイムを出すことができることで順位を争います。

 

デメリットとしては怪我のリスクが非常に大きい競技でもあり恐怖心もかなりあり初心者には難しいかもしれませんが最初は簡単な坂を競技としてではなく楽しみながらダウンヒルをすれば自然と技術がつき大海2出たくなるかもしれません。

 

トレイルライド

 

トレイルライドは山道をのんびりサイクリングするという感じで、初心者が始めるには一番の楽しみ方だと思います。

 

路面も 人工的に作られた競技コースとは異なり自然の山そのもので時には腰歩くような場面もありそれも含めてとトレイルライドの楽しみとなります。

 

フォークロス

 

4クロスは人工的にジャンプ台など凸凹などある人工的なコースを競い合う競技です。

似たような競技ではスノーボードクロスなどをイメージすれば分かりやすいかもしれません。

 

エンデューロ

 

最近世界的にブームとなっている下り系の競技で、だんお昼のようなものではなく全ての行程を自分の足で走ります。

 

お昼童謡タイム計測は下りの区間のみ行われますが規定時間までに継続期間のスタート地点に着かないとペナルティがありダウンヒルとのテクに殺さと移動時間の上りを使い切り体力が両方が要求される楽しい競技です。

 

トライアル

 

これはたまにテレビなどでも紹介されているので見られた方もおられると思いますが、人工的にセクションを制限時間内にクリアするもので低速でのバランス感覚や繊細なテクニックが必要な競技です。

 

トライアルの練習はマウンテンバイクをコントロールする上でのテクニックが身につく上に比較的 怪我のリスクが少なく初心者にはおすすめの競技かもしれません。

 

マウンテンバイクで自転車以外に必要な道具

 

マウンテンバイクの場合は大きく分けてダウンヒル 系 とクロスカントリー系の二つに分かれており装備も変わってきます。

 

ダンヒル系の装備

 

ダウンヒルは下りの競技であり走行するスピードの息がかなり早くそれだけに点灯時は怪我のリスクが高いです。

 

それによりヘルメットは頭部全体を覆うフルフェイスが主流となっています。 また命を守るためのアイウェアはサングラスなどではなくゴーグルなどでヘルメットと同時に固定できるものが一般的です。

 

また肘や膝すねなどはハードカップ型のプロテクターを装着するなど万全の準備をしていた方がいいでしょう。

 

クロスカントリー系の装備

 

クロスカントリーではペダルを上手くこぎ効率を重視されるため、足の回しやすさを優先させるロードバイク型のウェアがイメージとした近いかもしれません。

 

フィット感のあるジャージやパッド入りのパンツが主流となっています。

 

ペダルはビンディングタイプで靴とペダルを金具で固定するスキーやスノーボードのようなものを使用する人が大半です。

 

豆腐には熱がこもりにくく通気性の竹田穴がたくさん開いている軽量なヘルメットを使うことが特徴です。