ジャニヲタの貯金額、低いほど充実している

趣味

ジャニヲタってジャニーズオタクのことをそう言いますが、ジャニヲタは、2種類に分けられます。

お茶の間と、現場。

もちろん、お茶の間は、テレビ、ネット、雑誌などを中心に応援するファンのことを言います。

 

こちらは出費は緩やかです。

ちょっと雑誌買いすぎちゃった、といっても1000円くらいなもんです。

 

そして現場は、コンサートや舞台で直接接触し、うちわを振り回しているファンのことを言います。

 

当たり前ですが、この現場ファンになった瞬間から、貯金はみるみる枯渇していきます。

旅費はもちろん、1番財政を圧迫します。

 

しかし、それだけではありません。

 

ジャニーズには、メンバーカラーというものも存在しているため、普段は着ない、色鮮やかな色の服を買ったり、CDの特典を集めるため、同じ何枚もCDを買いあさる、などなど、お金をかけるイベントが年に何回も設けられています。

 

 

女性相手の商売のため、価格設定などはまだやさしいものの、年収の低い女性のお財布はすぐに枯渇します。

 

私は櫻井翔にハマり、100万円が2年をかけて無くなりました。

 

北海道の札幌ドームが1番倍率の低いチケットになるため、北海道に応募して、年に一回は北海道に行くという生活。

 

そして、櫻井翔のメンバーカラーは赤。

 

謎に真っ赤な服を買い、コンサートに行く日々…。

それが唯一の幸せでした。

 

しかし、今、嵐は休止宣言をし、このタイミングで自分を振り返ってみると、貯金額は15万を切っていました…1年に50万貯金していたのに…どうしたんでしょう?人生、なにがあるかわかりませんね。

 

悪い人に騙されるかもしれませんし、思ってもみないアイドルにハマるかもしれません。

 

そんな事態にそなえて、解約が猛烈にめんどくさい財産目的の保険などに入っておくことをお勧めしますね。

 

過去の自分がそんなのに入っていたら…こんなことにはなってなかったかもしれません。

結婚を考える年齢…そんな時に貯金がないのは致命的なので、今から頑張りたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました