海外で大ピンチ:現金×クレカのダブルトラブル

海外で大ピンチ:現金×クレカのダブルトラブル生活

海外での金銭トラブルはヤバすぎた

以前海外に住んでいた時のこと、当時無職だった自分は微々たる貯金を切り崩しつつ、日雇いのアルバイトで何とか生活を繋いでいた。

 

現金支給のアルバイトだったため日常の買い物はほとんど現金払い、また公共交通機関も現金制度だったためクレジットカードを利用することはほぼなかった。

 

ある日大家の都合で家を引っ越すことになり、新しい住居に頭金と数か月分の家賃を払ったところ、手元の現金はほどんどなくなった。

 

その夜友人と外食しクレジットカードで払おうとしたところ、カードが利用停止になっており支払いエラー

 

友人が払ってくれたため難は逃れたが、翌日以降の生活が不安で仕方なかった。

 

翌朝カード会社に連絡したところ、カードが過去に給与受け取りに使っていた口座に繋がっていることが発覚。

 

口座のお金がゼロになったのが利用停止の原因のようだ。

海外からの口座変更や新規カードの発行は難しい。

 

頼みの綱で親に連絡をとり現金送金を依頼。

しかし2週間かかるということで、その間は超節約生活。

 

バイト仲間に理由を話しご飯をご馳走になったり、大家に話し家賃の支払いを待ってもらったりと多くの人にお世話になった。

 

数週間後無事に入金確認。

 

もちろんお世話になった人にお礼し、帰国後は親への借金返済を完了させた。

現在また海外に住み始め、今度は観光客の激減による職不足でお金に困りつつある。

 

今回はクレジットカードを複数作るなど対策を講じてるが、今後実際どうなるかはまだまだ不安が残るところである。

タイトルとURLをコピーしました