便利なものにはワナがあった、リボ払い地獄。

借金

社会人になり自由になるお金ができたことで浮かれていた

クレジットカードも持ち、基本的には現金派でしたが大きな買い物・ネットショッピングなどにはカードを使用するようになっていました。

日々、外食、飲み代など、消費されていく目にみえない費用と、ファッション関連の費用は大きくなり、カード払いも増えていきました。

そんなとき、後輩から「リボ払い」の機能を教えられ、その便利さにはじめてしまいました。

その時私の給与は、固定+出来高だったため、毎月の給与に変動があり、リボの固定払いの魅力にまんまとはまってしまいました。

給与によって、支払いの金額コースを変更することができ、とても便利でした。

しかし、元来私はズボラで、細かく計算することなどがとても苦手で、長い目で見ればリボ払いは大きな損をしていることに気づいていませんでした。

目の前の支払いにばかり気を取られ、長期的なものの見方が全くできていなかったのです。

周囲がどんどん貯金額を増やしていく中、いっこうに増えない自分の貯金にあせり、やっと、リボ払いとはお別れし、カードの使用方法にも制限をかけるようになりました。

今思えば、この時にどれだけの損をしていたのか・・残念でなりません。

タイトルとURLをコピーしました