シェアする

食いしん坊なのに貧乏だった私の食生活

シェアする

スポンサーリンク

実家は四人暮らしで1日700円の食費で生活していました。

よく食卓に登場していた激安レシピはもやしのめんつゆ炒めです作り方は簡単で言葉の通りもやしをめんつゆで炒め申し訳程度の七味唐辛子を振るだけです。

なんと30円で大皿料理が完成するので家計に優しいんだと母はよく言っていました。

また自給自足できるものはするという精神だったので庭にニラやフキノトウ、トマト、山椒などご近所さんから種をもらってきて育て、料理に使っていました。

また高校生になってから毎週のお弁当代として1000円貰っていたのですが朝ごはんと昼ご飯の2食×5日分をなんとかまかなえるように必死にスーパーのはしごを最大5軒をこなしていました。

一番安く買えたのはじゃがいも、たまねぎ1個15円です!たまにお腹がすいたときは庭からちょっとこっそりニラを刈ったりしていました(笑)友達に遊びに誘われて、金欠アピールをしては、某ファストフード店のポテトをおごってもらっていました。

当時食い意地がはりすぎていたため、Lサイズを2つぺろりと平らげていました♪遠慮がないと思われていたからか、その時の私のあだなは《ポテト》です、そのままです後にも先にもあだながついたのは、その時だけでした…

スポンサーリンク







シェアする

フォローする