シェアする

プラモデル制作

シェアする

プラモデル概要

プラモデルはかなり昔から多くの方々に楽しまれてきました。しかし以前はちょっとオタク的なイメージをもたれることも少なくなかったです。
最近はそんなイメージも薄れていき1人で楽しめる趣味として大人になってから始めるという方も多いようです。

プラモデルは子供がするものと言うイメージもありますが親子でも楽しめ話題を共有することもできコミニュケーションの1つとしても良いのかもしれません。

プラモデル製作の始め方

プラモデルをの制作を始めるには、そんなに難しくはありません。模型屋さんやスーパーなどでもプラモデルはたくさん売っておりまずそこでお気に入りのプラモデルを探します。
最近のプラモデルは驚くほど進化しておりガンダムシリーズで言うとブームだった頃と比べるとよりリアルでカラーなどもあまり塗らなくていいように初心者に向けて作ってあります。
もちろん戦車や戦闘機など使用感があるような汚れ(ウェザリング)などはエアブラシやその他の道具等のほかにテクニック等も入りますが、初心者のうちはまずきれいに組み立てることを楽しめば良いのではないかと思います。

必要な道具としてはプラモデルの枠(ランナー)から切り離すのに使用するニッパーや紙やすりやヤスリ、組み立てに必要な接着剤やきれいに仕上げるための塗料などが咲いて必要となります。

上級者用のものを求めなければプラモ屋さんや百均で1,000円以内で道具は揃えられると思います。

プラモデルは正直ピンキリですが安いものだと1,000円以内で充分にありますのでお好みのものを選びましょう。

プラモデル制作の魅力は作業に没頭できること

プラモデルにしてもDIYなどにしても同じかもしれませんが、目の前の手作業に没頭することは脳に良いです。

集中している状態は、楽しいと同時にリラックスしている状態でもあります。

脳内の神経伝達物質で言えば、セロトニンの分泌も活性化しています。

作業に没頭しているというと、肩に力が入っているイメージがあるかもしれませんが、実際はそういうことではありません。

肩の力を抜いたリラックス状態を作り出すのに作業に没頭することが結びついているのです。
そしてプラモデル制作に何時間も熱中している状態は非常に高い集中とリラックスが混在しているので、幸福感すら感じます。

ストレス解消にもなりますし、取り組んでみると良いでしょう。

それが何かに関わらず、創作することはリラックス状態を生み出します。

むしろ肩の力を抜いていなければいいものは作れないと思います。

プラモデルは基本的に決まった設計書通りに制作を進めるだけなので、単調作業でもあります。

ただ設計書がなくても創作はある程度単調作業的なものです。

単調作業を楽しむという意識がなければ創作を楽しむことはできないでしょう。

最終的に完成するものはもちろん魅力的ですが、その過程の単調作業に魅力があると思います。

燃え上がれ!ガンプラ魂

愛好家が実は多い鉄道模型の魅力を伝えます