お金が空から降ってこればいいのに、今現在で願っています

降る生活

今現在お金に困っています。

少し前にアメリカに嫁いできたのですが、旦那とその家族と同居していますが、考えが違いすぎて毎日ストレスがすごいんです。

 

そこで「別居を目標に」と旦那に話をして将来のことについて本気で語らいました!

 

そこで現在のお互いの貯金とこれから3ヶ月家計簿を徹底的につけて節約することにしたのですが、まず貯金額が私の5分の1!

 

びっくりしたのですが有れば有るだけ休暇に投入という文化があるらしく、無駄にコツコツ貯金してきた私はとてもむなしくなりました。

 

そして家計簿をつけていても、買ってくる買ってくる無駄な物。

お昼もまったく節約しないのです。

 

また本当に驚いたのはアパートと土地代。

私の出身の街は空港はあるものの中々の田舎町。

 

アパートだったら、4万円台で2人暮らしに十分な部屋が借りられます。

 

それに比べ、それ以上に田舎な街なはずなのに、どんなに小さな部屋もなんと10万越え!その分農場くらいの大きい土地を一千万ほどで楽に購入できてしまいます。

 

別居したいけど、アパートは高すぎ、ならすぐに土地を買って、となるのですが、低収入旦那1馬力でローンを返し、今後、子供までできていくと大丈夫なのか本気で心配です。

 

こんな事ならば、20代で無駄に服や本当に無駄だったエステに使ったお金を貯金していたらな、と思う毎日です。

 

そして、その思いを旦那にも共有してもらいたいのですが、彼は現在もうすぐ発売されるゲームのことしか考えていないようなのです。

 

さてどうなることやら。

私がお金に困った幼少期
私の家庭は、小さいころから貧乏な家庭に育っていました。 風呂なしで家賃が安いボロアバートに家族四人川の字になって寝ていました。 近くに銭湯があるので、洗面器持参で通ったりしていました。 帰りはジュースを飲みながら楽しい...
お金は天下のまわりもの?
あれはわすれもしない20代前半の頃のお話です。 当時、私は勤めていた会社を一身上の都合で退職した後、アルバイトに出たもののその会社も母が事故にあい面倒を見る事になり退職しました。 母の面倒を見る事半年。 母もだいぶ回復...
タイトルとURLをコピーしました