シェアする

小説を読むことが好きで、週に何冊か読みます。

シェアする

小説を読む

小説を読むことが好きで週に何冊か読みます。

最近はテレビドラマを自分が見て、これは面白いと思った作品の原作小説を読むことにはまっています。

作品名でネットで検索して、その小説があれば購入して読み、ドラマで面白いと思った物は、小説だともっと面白いです。

これは新しい小説を読む、善い選び肩と喜んでいます。

ドラマは小説のごく一部だけをピックアップしている物が多く、それでも面白いのですから、他のエピソードが書かれている小説はより面白いです。

旬の物ですから、速く読まないと面白さも半減します。

映画を見ていて面白いのに少し判りにくい作品が時々ありますが、その場合はその原作本が長すぎるので、割愛され表現されていることが原因ですが多く、改めて原作本を読むと映画で判りにくかったストーリーを補えることが多いのです。

芥川賞などなどのタイトルを取った本だけでなく、こんな方法で面白い本を探すことに気づいてよかったです。

新しい本は次から次へと出てき、好きな小説化を読破するだけでは物足りなく次に何を読むののか、情報が少ないのです。

アニメも小説化されてジャンルが広がっているので読書の範囲が広がりました。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする